肥満と食事

  • 2008.10.12 Sunday
  • 23:37

 肥満と食事

肥満は病気の温床といはれています、とくに内臓脂肪型肥満は糖尿病、高血圧、高脂血症などを代表するさまざまな病気を招く元になります、生活習慣病を予防するためには、まず肥満を予防しなければなりません。


皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満
肥満は体重が多いか少ないかだけでなく体の脂肪の量が多い状態のことです、同じ体脂肪でも体のどの部分に蓄えられているかによって危険度が違います。


脂肪の多くは皮膚のすぐ下に蓄えられる「皮下脂肪」と
肺や肝臓、腸などの内臓の周りに蓄えられる脂肪「内臓脂肪型」があります。
体の脂肪はエネルギー源であったり臓器を保護したりの重要な働きをしていますが、その割合が多すぎると先ほどの生活習慣病を起こすのです。


皮下脂肪が増えるときは脂肪細胞の数が増えることで蓄積します、内臓脂肪型の場合は一つ一つの細胞が太る傾向があると考えられています、皮下脂肪は「付きにくく減りにくい」内臓脂肪は「付きやすく減りやすい」特徴もあります。


肥満予防の食生活
体脂肪を減らすには摂取エネルギーを減らし(減食)
同時に消費エネルギーを増やす(運動)と一番効果的ですが健康のためには気をつけないこともあります。


体に取り入れるエネルギーには脂質、糖質、たんぱく質、アルコールがありますが、この中で減らしても欠乏しないのはアルコールですね、ぜったいダイエットしたい人はアルコールを控えましょうね、


たんぱく質は体つくりの元ですので必ず摂取する必要があります、糖質は脳や血球の一部はブドウ糖からしかエネルギーを得られない組織なので糖質を摂らないと危険です、脂質は脂溶性のビタミンの吸収を高めたり必須脂肪酸を確保するのに必要なので一定量は必要です。


こうしてみると栄養素の一部をすべてカットするような極端なダイエット(減食)は体を壊してしまいますよね、栄養素のバランスを考えてダイエットを行わないと危険です。


家庭で出来る、食事のとり方を改善して肥満を防ぐ方法もあります。
・朝食、昼食をメインにして食後にエネルギー消費の少なくなる夕食を軽くする。
・食事は3食規則正しく食べる。
・ゆっくりとよく噛んで食べる。

上のことに気をつけるだけでも効果がありますよ。
応援よろしくお願いします(^.^) ☆人気ブログランキングへ

★-------------------------------------------------------------------------★

☆絶対に太れないモデルさんが、日常気をつけていることを、お知りになりたい方はこちらをどうぞ
現役モデルが伝授する食べても飲んでも痩せちゃう!逆転式モデルビューティーダイエット

☆簡単ダイエットの紹介です。
【ハイパースリムレスキュー】は太りやすい体質の方にオススメしたい寝ている間にスリムが目指せるダイエットサプリメントです。

TOPウォーキングのすすめ 

スポンサーサイト

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 23:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    ダイエットアイテム紹介

    1分間でマイナス3cm?!骨盤ウォーカーベルト
    ------------------
    エステナードソニック 【980円から】高級美顔器がなんとコノお値段【エステナードソニック】
    ------------------

    お勧めサイトさんのリンク

    seoランキング

    • seo

    相互リンク

    あし@

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM