スポンサーサイト

  • 2016.11.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ダイエットの食事の仕方

    • 2011.10.16 Sunday
    • 22:02

     ダイエットするための食事の仕方、早食いはNGです。

    「肥満予防と健康ダイエット法」に訪問ありがとうございます。

    ダイエットしているときの食事の摂りかたにはコツがあるようです。


    ダイエットで注意する食べ方って何だと思われますか?


    肥満気味の人によく見られるのは、食事で早食いの人が多いということです。
    あなたの周りにも食べ始めてからあっという間にお皿が空き、食事が終
    わっている人いませんか?


    食事のときの早食いの人には、食べ過ぎてしまうメカニズムが働いているのです、
    早食いすると満腹を感じる前に大量の食物の量を摂取してしまいます。


    ■お腹がすくメカニズム
    体内でエネルギーが不足すると脳が栄養補給のサインを出しますが
    空腹が過ぎると、食事をドカンと食べ過ぎます。


    つまり脳が満腹を感じる前に早食いして、大量のカロリーを体に取り込んでしまうのです。
    時間をかけてゆっくり噛んで食事する人は、脳が満腹を早く認識して
    腹八分目状態で満足できるようになります。


    ■ダイエットに視点を置いた食事法とは


    ・意識して噛む回数を増やす、
    10回くらい噛んで飲み込んでいた人は30回くらい噛む回数を増やす

    よくかむと脳への満腹感の信号が届きやすくなります。
    唾液の分泌が盛んになり消化の手助けにもなります。

    ・寝る前3時間はカロリーの多いものは食べないようにする
    睡眠時は代謝が少なくなり、寝る前に取った栄養が脂肪として蓄積しや
    すくなります。

    ・水分の補給はまめに行う
    水分の補給は新陳代謝を促進する。


    あまり極端な、お肉や脂肪分の多い食べ物を一切食べないとか、一食完全に
    抜いてしまうような極端なダイエットは必要なカロリーや必須のミネラルなどが
    取り入れられず、健康を害してしまう人も少なくありません、健康的にスリムに
    なるように食事の仕方と運動には気をつけましょう。

    ◇-------------------------------------------------------------------◇
    下半身のスリムアップにはこれがいいかも
                 ↓
    「レッグマジックX」下半身の引き締めにはこれがお勧めです。





    ☆肥満・ダイエットお役立ち情報記事一覧のページです

    -----------------------------------------------------------------------
    応援よろしくお願いします(^.^) 人気ブログランキング

    TOPページへ

    「太りにくくする一工夫」の記事を読みました。

    • 2011.10.14 Friday
    • 07:23

    太りにくくするコツがあるようです。

    「太りにくくする一工夫」の記事を読みました。
     

    msnさんで「太りにくくする一工夫」という記事を読ませて
    いただいたので、ご紹介します。


    ダイエットブームでやせようとがんばっている人が多いで
    すが、なかなか思うように行かないのもダイエットですね。
     

    でも食事の時の一工夫で、太りにくくする方法で食事をとると
    今までよりも太らないで体形を維持できるようです。
     

    その食事法はとても簡単に行える方法です。


    普通に食べても太りにくくする工夫とは、 


    1.カロリーの低いものから順番に食べる。私たちの体は
    空腹時に胃に入ってきたものを吸収しようとします、先に
    お肉などの高カロリーなものを食べると脂肪にして体に
    蓄積をしがちです。


    それと、胃袋にも入る食品の量が限られているので(ギャル曽根さんは別?)^^;

    先に食べる低カロリーのものでかなりお腹が満たされますね、置き換え
    ダイエットの理屈です。


    だから最初に低カロリーのスープや野菜、海藻が素材の食品
    を食べて、肉やご飯、パンなどを後からとるようにすればそれだ
    けで、摂取カロリーが違ってくると思いませんか?


    外食時でどれも高カロリーみたいな食事のときは、水をコップ一杯飲んで
    から食事をすればいいですね、これも太りにくくする一工夫ですね。
     

    以上msnさんの記事から抜粋させていただきました。元記事のURLは下記です      

     → http://beautystyle.jp.msn.com/news/valuable/nanapi/article.aspx?cp-documentid=5502019

    ◇------------------------------------------◇ 

    お茶を飲むだけでダイエットできたら楽ですね

                 ↓

    ダイエットプーアール茶で自然に痩せよう


    応援よろしくお願いします 人気ブログランキング

    TOPページへ
     

    食事の方法を変えるだけでダイエットする

    • 2011.07.12 Tuesday
    • 02:16
    食事の方法を変えるだけでダイエットする

    Healthクリックさんの記事で面白い見出しを見かけました。


    「ちょっと待て、その食べ方が「デブ」の素!」 というもので、
    食事の仕方によって体脂肪を溜め込まない食べ方が書か
    れていました。

    その記事をかいつまんでご紹介します。


    第一に「おなかがいっぱいの感覚が好き」というのが危なく、
    健康によいのは昔から腹八分目といわれてますよね

    満腹中枢は食べ物の多少ではなく、噛むことによって
    刺激されるそうです。いきなり大文字か?^_^;
     
    よく噛むことで食べ過ぎる前に満腹感を得るようにしましょう。
     

    「食べるのが早い」は危ないです、食べ物を一気に詰め込むと
    エネルギーを体脂肪に溜め込みやすいとのこと!やはりゆっ
    くりよく噛んで(一口ごとに20回以上)食べるのがよいそうです。


    「1日1食のことがたびたびある」は危ないです、 1日1食の時は
    どうしても、1度の食事量が多くなりそのカロリーを消費するの
    に時間がかかるため、消費しきれないエネルギーを体脂肪と
    して蓄積してしまいがちだそうです。


    食事はよく噛んで食べて、
    できれば1日3食きちんととるように気をつけたいですね。


    「濃い目の味付けが好き」は、おかずで濃い目の
    味付けが多いと、主食のご飯を食べすぎる傾向があります、
    薄めの汁物や煮物などを多く食べるのがよいようです。


    「食べたり食べなかったり」は危険です、最近朝食を抜く人
    が多いと聞きます、でも朝食をきちんととることで、体が目覚
    めエネルギーが効率よく消費されます

    ほんの少しでも朝食をとるようにしませんか。


    朝は脂肪を燃焼させる働きのホルモンが、夜は逆に脂肪をため
    る働きのホルモンの分泌が盛んのようです、夜のドカ食いはもっ
    とも危険のようですよ。 (^^♪

    以上Healthクリックさんの、「デブ」にならない(失礼)食べ方でした。^^;

    ◇---------------------------------------------◇

    美味しく食べて、魅力的なBODYを 目指そう♪
                  ↓



    ◇---------------------------------------------◇
    ついでにツールツル、スベスベの肌も手に入れてしまうぞという貴女に

    脅威のミリオンセラー美顔器が今ならセットで¥980で手に入りますよ!
    詳しくは下記ホームページからどうぞ
               ↓
    エステナードソニック

    --------------------------------------------------
    応援よろしくお願いします 人気ブログランキング

    TOPページへ

    肥満と食事

    • 2008.10.12 Sunday
    • 23:37

     肥満と食事

    肥満は病気の温床といはれています、とくに内臓脂肪型肥満は糖尿病、高血圧、高脂血症などを代表するさまざまな病気を招く元になります、生活習慣病を予防するためには、まず肥満を予防しなければなりません。


    皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満
    肥満は体重が多いか少ないかだけでなく体の脂肪の量が多い状態のことです、同じ体脂肪でも体のどの部分に蓄えられているかによって危険度が違います。


    脂肪の多くは皮膚のすぐ下に蓄えられる「皮下脂肪」と
    肺や肝臓、腸などの内臓の周りに蓄えられる脂肪「内臓脂肪型」があります。
    体の脂肪はエネルギー源であったり臓器を保護したりの重要な働きをしていますが、その割合が多すぎると先ほどの生活習慣病を起こすのです。


    皮下脂肪が増えるときは脂肪細胞の数が増えることで蓄積します、内臓脂肪型の場合は一つ一つの細胞が太る傾向があると考えられています、皮下脂肪は「付きにくく減りにくい」内臓脂肪は「付きやすく減りやすい」特徴もあります。


    肥満予防の食生活
    体脂肪を減らすには摂取エネルギーを減らし(減食)
    同時に消費エネルギーを増やす(運動)と一番効果的ですが健康のためには気をつけないこともあります。


    体に取り入れるエネルギーには脂質、糖質、たんぱく質、アルコールがありますが、この中で減らしても欠乏しないのはアルコールですね、ぜったいダイエットしたい人はアルコールを控えましょうね、


    たんぱく質は体つくりの元ですので必ず摂取する必要があります、糖質は脳や血球の一部はブドウ糖からしかエネルギーを得られない組織なので糖質を摂らないと危険です、脂質は脂溶性のビタミンの吸収を高めたり必須脂肪酸を確保するのに必要なので一定量は必要です。


    こうしてみると栄養素の一部をすべてカットするような極端なダイエット(減食)は体を壊してしまいますよね、栄養素のバランスを考えてダイエットを行わないと危険です。


    家庭で出来る、食事のとり方を改善して肥満を防ぐ方法もあります。
    ・朝食、昼食をメインにして食後にエネルギー消費の少なくなる夕食を軽くする。
    ・食事は3食規則正しく食べる。
    ・ゆっくりとよく噛んで食べる。

    上のことに気をつけるだけでも効果がありますよ。
    応援よろしくお願いします(^.^) ☆人気ブログランキングへ

    ★-------------------------------------------------------------------------★

    ☆絶対に太れないモデルさんが、日常気をつけていることを、お知りになりたい方はこちらをどうぞ
    現役モデルが伝授する食べても飲んでも痩せちゃう!逆転式モデルビューティーダイエット

    ☆簡単ダイエットの紹介です。
    【ハイパースリムレスキュー】は太りやすい体質の方にオススメしたい寝ている間にスリムが目指せるダイエットサプリメントです。

    TOPウォーキングのすすめ 

    必要以上のエネルギーをとっていませんか

    • 2008.09.23 Tuesday
    • 13:06

    必要以上のエネルギーをとっていませんか

    どうも最近太ってきだしたと思う人、エネルギーのとりすぎになっていませんか?
    1日に必要なエネルギーの計算方法は
    1日に必要なエネルギー(kcal)=標準体重(kg)×標準体重1kg当たりに必要なエネルギー

    の式から計算できます(厚生労働省さんHPより引用させていただきましたhttp://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/
    seikatu/himan/reason.html


    かなり大雑把ですが一日の摂取カロリーは

    成人男子で2000〜3000キロカロリー
    成人女性で1600〜2500キロカロリー

    といわれています、後は身長、体重、年齢、生活強度などの条件で基準値が設けられています。

    ダイエットで減食するにしても体に必要な栄養素は摂らなくてはいけません。

    エネルギーになる栄養素としては、たんぱく質、脂質、糖類、アルコールなどがありますが、ダイエットのために減らすエネルギーの中で、一番体に負担がないのがアルコールを飲まないことです、でもアルコールをやめるのはつらい方も多そうですね。^_^;

    上記の栄養素をダイエット中でもバランスよく摂る目安は
    タンパク質: 50〜70グラムくらい
    脂質   : 30〜45グラムくらい
    糖質   : 300から350グラム位
    といわれています。

    ビタミン、ミネラルもちゃんと摂らないと健康維持に支障をきたします。

    ■食べる時の注意
    よく噛んで食べることは脳の満腹中枢が働きやすくなり、食事のとりすぎが防げて、肥満予防となります。
    早食いの人は満腹を感じる前にたくさん食べてしまいます。

    必要な栄養素を摂るように減食して、運動や体を意識的に動かしてカロリーを消費することでダイエットしましょう。

    よろしければ「体脂肪を燃やす運動」方法の記事もこのブログにありますので参考になさってください。

    ◇-----------------------------------------------◇

    ☆肥満・ダイエットお役立ち情報一覧のページです
    ☆色々な種類のダイエット実践法紹介記事です,ダイエットをお考えの方、よろしかったらご覧下さい

    応援よろしくお願いします(^.^)
    ☆人気ブログランキングへ

    TOPページへ基礎代謝をアップしてダイエット

    肥満を防ぐ食事法

    • 2008.09.20 Saturday
    • 00:40
    肥満を防ぐ食事法

    肥満気味の人の中で「私は大して食べていない」と思っている人、多くないですか、

    食事の内容のメモを取って摂取エネルギーを計算してみると以外に多くのカロリーを摂っていることがわかったりしますよ。
    肥満を防ぐ食事法ノポイント、
    何か食べたり飲んだりしたらサッとメモを取りましょう。

    摂取カロリー計算が出来るサイトさんです
    まず自分の1日の適正なエネルギーを知ることが先決です

    1日に必要なエネルギー(kcal)=標準体重(kg)×標準体重1kg当たりに必要なエネルギー
    大まかなエネルギー必要量
    軽労働の人「デスクワークの多い仕事の人」25kcal〜30kcal
    中労働の人「営業マン、店員さんなど」30〜35kcal
    重労働の人「農業、漁業、建設作業の人」35kcal以上
     
    (摂取カロリー)>(1日の適正なエネルギー)の関係ならば肥満になりやすい食生活といえますね。
     
    気が付かずエネルギーをとりすぎている人でよくあるポイントは
    1.家族みんなが食べる量が多い人は、食事の量が多くて当たり前と思ってしまう。
    2.オヤツやお酒のカロリーを計算に入れていない。 やはり先ほどのカロリー計算の出来るサイトさんで一度計算をして見てくださいね。

    中年以降になって太りだす人が多くいますが、若いころと食事量が変わらないのですが、中高年になったら基礎代謝量が減ってきますので食べ過ぎになってしまいます。
     
    食事の内容に注意したり、脂肪を燃焼させるための有酸素運動などで、肥満になりにくい体つくりをしましょう。

    ★-------------------------------------------------------------------------------★

    ☆簡単ダイエットの紹介です。
    【ハイパースリムレスキュー】は太りやすい体質の方にオススメしたい寝ている間にスリムが目指せるダイエットサプリメントです。


    ☆絶対に太れない業界の人が、日常気をつけていることをお知りになりたい方はこちらをどうぞ→ 現役モデルが伝授する食べても飲んでも痩せちゃう!逆転式モデルビューティーダイエット


    応援よろしくお願いします「ポチッ」 人気ブログランキングへ

    TOP肥満と食事

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    ダイエットアイテム紹介

    1分間でマイナス3cm?!骨盤ウォーカーベルト
    ------------------
    エステナードソニック 【980円から】高級美顔器がなんとコノお値段【エステナードソニック】
    ------------------

    お勧めサイトさんのリンク

    seoランキング

    • seo

    相互リンク

    あし@

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM